Podea WEB UI

ブラウザで操作​ 様々な環境で動作します

マルチプラットホーム対応

Mac・Windows

iPhone・iPad・Android

多様なデザインソフトウエアに対応

Adobe illustrator CC

CorelDRAW Graphics Suite

Affinity designer ・ Inkscape 等

Mac・Windows 両対応

表現を思いのままに

 

レイヤー毎に加工方法や

パラメータを設定

様々な加工表現が

今までと同じように実現できます

最新情報を手のひらに

 

リモート加工停止や加工終了を

監視メンバーから伝えられる前に

LINEへ通知

メール送信機能も併用すれば

​使用状況の記録にも役立ちます。

概要・仕様

(改良のため変更する可能性がございます)

対応機種

  • Podea-01(Type-H以降)Podea-ZERO・Podea-Primo/Corsa・Podea-02(内部ファームバージョンV1.21以降)

PCサーバーシステム条件

  • 対応OS :Windows 10・MacOS catalina以降(intel CPU のみ対応)

  • CPU :Corei3以降のCPU

  • Memory :4Gbyte以上推奨

  • インターフェイス :USB 1個

  • サーバー以外の外部クライアント端末を使用する場合LANに接続されている事

対応クライアント端末

  • Windows 10

  • MacOS catalina以降

  • iPhone ・iPad
  • Android

  注:すべての端末での動作を保証するものではありません。

対応ソフトウエア(転送支援機能)

  • Adobe Illustrator CS ~ CC(2021) Windows・Mac

  • CorelDRAW Graphic Suite X8 ~ CorelDRAW Graphic Suite 2020(64bit) Windows

  • CorelDRAW Graphic Suite 2018~ Mac

対応ソフトウエア(転送機能なし)

  • InkScape 0.48(レイヤー別加工はPodeaソフトウェア付属版に限る) Windows

  • Affinity Designer Windows・ Mac

  • その他任意のサイズでPDF出力できるデザインソフトウエア

読み込み対応ファイル形式

  • PDF,PPZP,PPZA

  • DXF(テストバージョンのため基本的に動作保証なし AutoCad2000~2018のバージョンを対応)

  補足:基本的な読み込みはレイヤー加工されたPDF ファイルとなります。

接続・動作イメージ

サーバーとなるPCにPodeaWEBUIサーバーを立ち上げPCに接続されたPodeaレーザー加工機と通信。

ブラウザでレーザー加工機を操作。

同一LAN内ネットワークからであればPC・iPhone・iPad・Android等の各クライアント端末からも

ブラウザでレーザー加工機を操作。

サーバーマシンはWindows・Mac で動作し、クライアントはWindows・Mac・スマホ端末で動作します。

提供予定スケジュール

2020年11月9日出荷分よりWindowsバージョンを提供予定

2021年1月末出荷分よりMacバージョンを提供予定

既存出荷分については有償によるハードウエアアップデートが必要になります。